読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

映画『ナビゲーター』 - 1人だけ時に取り残された少年と宇宙人の交流


TOKYO MX2でやっていたのをたまたま視聴。

80年代末のディズニー製作ということで子供向けの「小さいころにある両親も知らない不思議な出来事」という感じでした。

主人公のデイビッド(12)は宇宙人のマックスに惑星生物の分析用サンプルとして捉えれられ、8年後に開放される。8年前に消えたままの姿で皆の前に現れた。NASAに囚われの身になっていたマックスはデイビッドを呼び出して逃避行を繰り広げるのだった。

というのがあらすじ。この手の話のお決まりのようにマックスは機械的な態度から明るく社交的な態度に変わったり、生き物との交流があったり。映画『ターミネーター』のジョンとターミネーターの交流みたいなものです。

引っ越してしまった実家に年老いた両親、自分より年上になってしまった弟、自分を確保しようと取り巻く警察やNASAを見て「ここは自分の居場所ではない」と悟るデイビッドがよかったですが、「人間は時を越えると蒸発するかもしれない」との理由でさんざ過去に戻るのを渋られていた割に一発成功で過去に戻れてめでたしめでたしなのはご愛嬌といったところか。

キャストとしては若い頃のサラ・ジェシカ・パーカーがデイビッドのお世話役のお姉さんとして登場。デイビッドが嫌なところに閉じ込められ続けてストレスが溜まっていると言ったのに対して転校ばかりしてきて馴染めなかった話をしてくれるお姉さんでした。この頃ロバート・ダウニーJr.と付き合ってたとかなんとか。


日曜の午後にお子さんと見るのにいい映画ですね。