∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

スカイ・クロラ

初日なのでネタバレ感想書いていいものか悩むので、ほどほどぼかしてほどほと適当に。

口当たりがマイルドになったけど犬・引用・長台詞・レイアウト・演出とどれを取っても押井映画だなぁ、というのが第一印象。その意味でファンの期待は裏切られないと思うし、口当たりがマイルドになった分、『イノセンス』のような強烈な一見さんお断り感は無いと思います。この選択は「映画」を作る上ではベターな選択だったのではないかと思います。

原作者の森博嗣も映画の感想に実写を思わせる背景やメカニックを挙げていましたが、確かにウェールズを思わせる背景と、空戦描写は圧倒的でした。ブルーレイだとどうだかわかりませんが、DVDでは微妙な状態かもしれないので、劇場で見ることをお勧めします。

その実写に近い画の中で一番アニメート*1してるのは人間ではなく犬というのがいかにも押井監督。CFやポスターにも使われている鮮やかな青い空とは対比的に人は皆アンニュイにタバコをふかし、伏せ目がちの表情をしている。それが「大人にならずに永遠に死なない子供たち――キルドレ」の姿だというのがアイロニーなんでしょうね。

終盤のユウイチのメッセージはNHKの「課外授業 ようこそ先輩」で押井監督本人が話していたのでこれなんだろうなぁ、という感じでした。これ以上はネタバレ絡めないと辛いのでこれくらいで。


この手の映画見に行く人には常識でしょうがスタッフロールが終わるまでが映画ですのでお忘れなきよう。

*1:アニメ的であるという意味と、生き生きとしているという意味のつもり

広告を非表示にする