読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

『ウォンテッド』感想

アメコミ 邦訳

ウォンテッド (ShoPro Books)

ウォンテッド (ShoPro Books)


概要

収録
WANTED 1-6号
シリーズ
Top Cow
これまでのあらすじ
特になし。これで1巻完結
評価
悪趣味なのが嫌いならオススメはしない。オリジナルということもあってかメタオチも他に比べて弱い気がした

感想

映画『ウォンテッド』



は見たことがあって、神の神託を下す機織り機に従って(結局仕込みがあったってオチなんだけど)太古の昔より暗殺を続けてきた組織フラタニティという設定。原作がマーク・ミラーと聞いた時点で「そんな生易しい設定じゃないだろ」と思ったらやっぱり酷かった。

余談で映画の話になってしまうけれど、主演ジェームズ・マカヴォイだったんだ……。今では『X-Men:ファースト・ジェネレーション』


X-MEN:ファースト・ジェネレーション [Blu-ray]

X-MEN:ファースト・ジェネレーション [Blu-ray]


のおかげでプロフェッサーXだなぁ*1。後、アンジェリーナ・ジョリーこんなに怖かったっけ。

弾道を曲げる撃ち方も映画オリジナル。怪しい伝説でもかなり力を入れて検証してたのを覚えてる。手首をスナップするどころか、銃のバレル曲げたりしても思うようにいかなかったはず。以上、余談終わり。


コミックでは世界中のスーパーヒーローを戦争で倒したヴィラン集団という設定。だからヒーローはコミックブックの中にしか存在しない。でも、犯罪組織はヴィランが勝ったから生き残ってる。ちょっと子供に質問されたときにとっさに答えた嘘みたいな設定だなと思ったら、マーク・ミラーのあとがきに子供の頃に兄貴にそう言われたと書いてあった。読んでいてどうもサンタいるいない論争の理屈に似てる気がしたのはそのせいか。


さて、マーク・ミラーというと日本でも『キック・アス』


キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)

キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)

キック・アス (ShoPro Books)

キック・アス (ShoPro Books)


の原作者として多少知名度は上がったと思われるけれど、この人の話はとかく悪趣味なものが多い気がする。キャラクターの設定や言動、展開がイチイチ下衆い。そういう方面の意味で大人向け。邦訳が発売されているものだと『アルティメッツ』


アルティメッツ (ShoPro Books)

アルティメッツ (ShoPro Books)


だって、体育会系のノリでバナー博士をイビってたり、アントマンがワスプにDVして入院させてたり、キャップがガチガチの融通聞かない軍人だったり。ある意味リアルなんですが、肌に合わない人は合わない気がします*2

クロスオーバー用にみんな性格を調整されたんじゃないかという『シビル・ウォー』


シビル・ウォー (MARVEL)

シビル・ウォー (MARVEL)


だったり、スーパーマンがロシアに落ちてたらネタの『スーパーマン・レッドサン』


スーパーマン:レッド・サン (ShoPro Books)

スーパーマン:レッド・サン (ShoPro Books)


なんかもマーク・ミラーが原作。先日大英帝国勲章もらっていたが(グラント・モリソンと同じやつ)イギリス人のブラックジョークなんですかね。映画版ではこの辺りの設定を削って神託と見せかけた人為的な殺人だったくらいに留めておいてよかったと思った。


本編の話をすると気が弱いけど自意識だけは過剰なクソッタレがある日美人のチャンネーに拉致されて、そこで実は主人公は伝説の暗殺者の息子で、暗殺技術が遺伝子レベルで継承されているから呼んだという出だし。その後一度返事を保留するが、そこまで含めて英雄神話の出立のフェーズそのままだ。

そしてトレーニング。今まで普通の人間として生きてきたのを肉体もメンタルも暗殺者になれるように鍛え直す。そして暗殺ミッション。父親の仇と目される人物の登場。組織から追われるようになるというあたりがイニシエーション。

組織と対決すると実は父親は生きていて、自分の忘れていたはずの過去を取り戻し、父親を自分の手で葬ってスーパーヴィランのトップになってというのが帰還。帰還?帰還だよな……。


本編の話がおざなりなので分かるようにこの話そんなに好きでもない。スーパーヴィランの組織の入会の儀式が(おそらくスーパーヒーローの)コミックブックを燃やすことだったり、最後にメタ発言で読者に向けて「お前はこの本で受けたショックを他の慰めのコミックで買って誤魔化すだろう」とか書いてたりところどころは引っかかるところはあるにはあった(後は世界最高のスーパーヒーローのマントとか)。

ただ、その上親友とヤッてるからセックスレスになってて、出て行くって言ったらリストカットするとか脅す女と一緒に暮らしてる時点で主人公にあまり同情できない。昼飯のサンドのトッピングとちょっと変えて「俺って特別」みたいなのは自分の心の中だけでやってるからいいけど。主人公はスーパーヴィランになるわけだけど「同情はするけど俺はそうしない」という一部の界隈で使われている良いヴィラン基準をクリアできていないと思う。それでいて主人公だからイマイチ話にノレなかった。

*1:今度の映画『デイズ・オブ・フューチャー・パスト』楽しみにしてます

*2:アルティメット・ユニバースの設定に関してはグラント・モリソンも噛んでるはずなので一概にマーク・ミラーだけのせいじゃないだろうが

広告を非表示にする