読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」の適応を受けてきた

はじめに

昨年話題になった「一定製造期間の iPhone 6s が充電残量が20〜30%あるのにシャットダウンしてしまう問題」の対象者だったので、プログラムの適応を受けてきました。

結果

やったこと

持っている iPhone が対象か確認

公式のページ(iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポート)に iPhone のシリアルを入力すると対象かどうか表示されるので iPhone が対象か確認。

対応店舗への予約

Apple Store が比較的近くにあったので、Apple StoreGenius Bar で予約。

Apple Store 以外にも修理受付店そこそこあるんですね。知らなかった。

店に行く前の準備
  • iPhone のバックアップ
  • iPhone を探す」の解除

サイトには「すべてのコンテンツと設定を消去」も実施するよう書いてありますが、私はしなくて問題なかったです。

店での応対

Genius Bar での対応ですが、他の店舗でもそう変わることはないと思います。

  • 受付
  • 修理に預ける前に iPhone のケースを外す。液晶とボタンに保護シートを付けていたがそれはそのまま
  • iPhone に修理時に問題になりそうな故障箇所がないかチェックされる
  • 修理に関する免責事項の説明と承認
  • ロック解除のパスコードを伝える。気になったのでそのときにパスコードを一時的なものに変更しました
  • 修理に預ける
修理に預けてる間自由行動

1時間はかかると言われ、戻って15分くらい待ったので1時間半くらいはみたほうがよいかも。

時計をしてなかったので、どれだけ時間が経ったか分からなかった。時計なりなんなりで時間が分かるようにしておいたほうがよい。

受け取り

免責事項でデータに関する事項や、保護シートを剥がすかもと言われていたが、両方とくに問題なし。

が、バッテリーの充電残量が27%。

気にかかったので店の人に聞いてみた。なんでも、国際的な規定でリチュウムイオンバッテリーを空輸するさいに充電残量を30%以下にしないといけないらしい。そのため、交換バッテリーの充電残量が30%弱になっているとのこと。

交換後に充電できるようモバイルバッテリーを持って行ったほうがよいでしょうね。

その後

交換して1日なので、まだ充電できない状態で充電残量30%を切ったケースはないのですが、バッテリーの持ちはよくなった気がします。

1年弱で多少バッテリーがヘタってきていた気もしたので交換できてある意味ではよかったと思います。