∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

ニュー・アベンジャーズ:シビル・ウォー

ニューアベンジャーズ:シビル・ウォー (MARVEL)

ニューアベンジャーズ:シビル・ウォー (MARVEL)

  • 作者: ブライアン・マイケル・ベンディス,ハワード・チェイキン,レイニル・ユーオリビア・コワペル,パスカル・フェリー,石川裕人,御代しおり
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2012/10/20
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 25回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る

本編『シビルウォー』

シビル・ウォー (MARVEL)

シビル・ウォー (MARVEL)

の発売から1年。『シビル・ウォー』のタイインが発売されました。タイインの発売は『フラッシュポイントバットマン

フラッシュポイント:バットマン (DC COMICS)

フラッシュポイント:バットマン (DC COMICS)

に先を越されてしまいましたが。『インフィニット・クライシス・オン・アーシズ』の「予定」に比べればどうということも……ありますね。アメリカでの『シビルウォー』の発売から既に5年以上。まだ過去の定評のある作品群とまではいかないと思うので翻訳の時期の扱いが難しいところです。


本編とは別に『シビル・ウォー』の他のタイインの販売形式についての発表というファンにとっての重大事項がありました。翻訳デジタルコミック販売サービスが始まるという話もあったので、そのプラットフォームに乗るのかという話もありましたが、結局は通販形式の月刊『シビル・ウォー』でした。ディアゴスティーニ形式です。全巻購入契約で毎月1冊をクレジット払いのみ。詳細は11月中にヴィレッジブックスのサイトにて。

ラインナップは

の7冊。単品や書店販売もなしとのことなので買うしかないというところです。邪推ですが注文一定数に届かなかったら取りやめもありえるかもしれないくらい買う人少なそうですしね。


さて、本編の方は『シビルウォー』時期の"New Avengers"誌と"New Avengers"の年刊誌。ライターはブライアン・マイケル・ベンディス。アーティストは毎号変わるというある意味豪華仕様です。邦訳も発売された『ハウス・オブ・M』のオリバー・コイペルや、この後の"Secret Invasion"でメインアーティストを務めることになるラナイル・フランシス・ユーらが参加しています。

各キャラクターに焦点が当てられていて、バックストーリーを知っている人はより深く楽しめる内容でしたが、知らない人にはそれなりにかもしれません。この話を読むために邦訳だけだとこれまでの『ニューアベンジャーズ』と『シビル・ウォー』で福沢諭吉一人くらい先行投資が必要でしょうか。長年続いているというのはいいことでもあり、悪いことでもありますね……。

広告を非表示にする