∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

『スーパーロボット大戦OG ディバインウォーズ』

DCの目的が来るべき異性人との対決のために軟弱な連邦を相手に決起することで地球圏を守れるだけの実力者を育て上げることだったと判明する回。

敵の親玉に「軟弱な連邦」と呼称されるといやがようでも『機動戦士ガンダム』のギレンや『機動戦士ガンダム0083』のテラーズを思い出してしまう。原作ディレクターの寺田氏は両方好きそうな世代だし、そのイメージが念頭にあるからこういった「あえて悪にもなろう」的な展開になるんだろう。ギレンがスペースノイドによる選民思想ではなく、地球権の平和を唱えたらこんなになってる感じ。

戦闘面ではサイバスター1機に頼りすぎだったり、リュウセイとメカニックが「帰ってきたら〜」と死亡フラグを立てたのにあっさりスルーしてたりとちょっと気になったところが多かった気がする。

広告を非表示にする