読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

邦訳アメリカン・スーパーヒーロー・コミックスアドベントカレンダー2013 22日目 - 11月

企画 アメコミ 邦訳

スパイダーマン:エレクション・デイ

スパイダーマン:エレクション・デイ (ShoPro Books)

スパイダーマン:エレクション・デイ (ShoPro Books)

  • 作者: マーク・グッゲンハイム,ゼブ・ウェルズ,ジョン・ロミータJr.,マルコス・マーティン,光岡三ツ子
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2013/11/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

  • ストーリー      :☆☆★
  • アート        :☆☆☆
  • 意識高いヴィラン登場度:☆☆☆☆☆

The Amazing Spider-Man #584-588とThe Amazing Spider-Man: Extra #1, #3を収録。ライターはマーク・ゲッゲンハイム、ゼブ・ウェルズ、マット・フラクション。アートはジョン・ロミータJr.、バリー・キットソン、マルコス・マーティン、トッド・ナウク、アンディ・マクドナルド。

NY市長選を前にショッカーに投票に行くことを促すキャプテン・ブーメラン。スーパーヴィランとしては投票に興味はないが、表の顔のクソ市民としては行くことを説得されるショッカーがかわいい。巻末の方でオバマ大統領に変装したカメレオンは変装相手のことをろくに知らない状態でしたが、実際にはそんなものでしょう。

NY市長選も佳境に差し掛かり、選挙活動の妨害に走るメナス。警察から殺人犯として追われているスパイダーマンは負傷をおしてメナスに戦いを挑む。ついに逮捕されるスパイダーマン。弁護士についたのはマット・マードック(デアデビル)。選挙の行方は?裁判の結末は?

リリーがハリーと同じく偉大な父親に抑圧されて育ってきたことが明かされ、ラストでノーマンと出会うことに。ここから多少話が飛んで12月発売のアメリカン・サンになるのですが、正直ろくな事にはならないですね……。

ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ

ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ (DC COMICS)

ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ (DC COMICS)

  • ストーリー                       :☆☆★
  • アート                         :☆☆☆
  • ウォッチメン』のクオリティーの前日談だと思わなければ度:☆☆☆☆

日本版の表紙はジム・リー。『アクションコミックス』のときにもジム・リー版の表紙を使っていましたが、アピールが違うのでしょうか。今回の表紙はコメディアンは横顔で暗い色調ですし、ロールシャッハはベルメホの

Before Watchmen 02: Rorschach

Before Watchmen 02: Rorschach

の表紙のほうが個人的には好みですが(底本の方はコメディアンがアウトな顔してるので微妙ですが)。

メディアンの方はコメディアンケネディ一族と親交があり、そのつながりを軸にベトナム戦争まで話があります。ロールシャッハの方はチンピラをシメに行ったけれど逆襲されたりというところ。

ロールシャッハの方はベルメホのアートが柄の悪い猥雑な街をよく描いていると思いますが、後は『ウォッチメン』の前日談ということを差し引いても他に翻訳したほうがいいものがありそうな気がしました。