読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

邦訳アメリカン・スーパーヒーロー・コミックスアドベントカレンダー2013 16日目 - 8月その1

アメコミ 企画 邦訳

バットマン:梟の夜

バットマン:梟の夜 (ShoPro Books THE NEW52!)

バットマン:梟の夜 (ShoPro Books THE NEW52!)

  • ストーリー             :☆☆☆
  • アート               :☆☆☆
  • New52のナイトウィングの設定説明度:☆☆☆

『梟の街』手前でバットマン関連誌でのタイイン集を集めた形式。New52のナイトウィングの先祖の話、女型のタロンの登場など後につながる展開もあれば、この話のためにゴッサムに戻ってきたレッドフード&アウトローズのような話もあってバラバラ。あえて言うなら『梟の法廷』で捕縛したタロンが先祖で、自身もタロンにされるように訓練されていたというナイトウィングの話がメインでしょう。

バットマン誌自体は『梟の法廷』から続いているのでアメコミのイベント進行の技法としてのタイインをしってもらうための一冊でしょうか(ヴィレッジブックスの『シビル・ウォー』シリーズもありますが、あれは通販限定なので……)。

スーパーマン:ラスト・サン

スーパーマン:ラスト・サン (ShoPro Books)

スーパーマン:ラスト・サン (ShoPro Books)

  • ストーリー         :☆☆☆
  • アート           :☆☆☆
  • 地球にクリプトナイト多過ぎ度:☆☆☆☆☆

ライターはジェフ・ジョーンズとリチャード・ドナー。アートはアダム・キュバート。

クリプトン星人の子供が現れてクラークとロイスの養子にする話。ラリー・ニーブンの『スーパーマンの子孫存続に関する考察』ではありませんが、クラークとロイスの間に子供をもうけることはできないのでコウノトリからの授かりものといったところです。

そして訪れる敵。対抗するのはクリプトナイトで武装した地球人たち。と、この辺りどうしても決定打が決まっている都合上戦闘のパターンは決まってしまいますね。

スーパーマン:アクション・コミックス vol.1

スーパーマン:アクション・コミックス Vol.1 (DC COMICS)

スーパーマン:アクション・コミックス Vol.1 (DC COMICS)

  • ストーリー                              :☆☆☆☆
  • アート                                :☆☆☆☆
  • ルーサーの頭以外が輝いているのは『アクション・コミックス』1号だけ!度:☆☆☆☆☆

ライターはグラント・モリソン。アートはラグス・モラレス。DCコミックスのリランチ後の世界に初めて現れたスーパーヒーローは田舎から出てきたTシャツGパンのイモだった!?

田舎のスモールヴィルから都会のメトロポリスに出てきた青年、クラーク・ケントがスーパーマンになるまでの話。最初はTシャツにGパンにケープというコスプレ自警団スタイルですが、最期にはNew52スーツに。

ライターがグラント・モリソンだけあって過去のスーパーマンの要素を随所に再構築した作り。ゼロからスタートですが詳しく知っていればより楽しめる構成になっています。

ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト

ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト (ShoPro Books)

ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト (ShoPro Books)

  • ストーリー              :☆☆☆
  • アート                :☆☆☆
  • もちっとましな洗脳解除方法はないのか度:☆☆☆

ライターはマーク・ミラー。アートは ジョン・ロミータ Jr.。『キック・アス』のクリエーターコンビ。

ヒドラに洗脳されたウルヴァリンが合衆国の敵になる話。背後にはゴーゴンによるヒドラの支配が。