読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

邦訳アメリカン・スーパーヒーロー・コミックスアドベントカレンダー2013 5日目 - 2月その2

アメコミ 企画 邦訳

スパイダーマン:ブランニュー・デイ3

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 3 (ShoPro Books)

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 3 (ShoPro Books)

  • 作者: ダン・スロット,ボブ・ゲイル,マルコス・マーティン,マイク・マッコーン,高木亮
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2013/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

  • ストーリー:☆☆☆
  • アート  :☆☆★
  • 箸休め度 :☆☆☆☆

Amazing Spider-Man #559-563を収録。#559-561のライターは現在もスパイダーマンのメインタイトルを手がけるダン・スロット。アートは『バットガール・イヤーワン』などのマルコス・マーティン。#562-563のライターはボンクラ御用達映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』3部作の脚本を手がけたボブ・ゲイル。アートはマイク・マッコーン。

前半の#559-561はピーターがお金のためにデクスター・ベネット社(略称はJJJのデイリー・ビューグルと同じくDB)でパパラッチを始め、お金は入ったものの、友人たちとの人間関係が壊れていく(ハリーもセレブだからパパラッチには辟易している)。帰ってきたMJとMJと付き合っている男優をストーキングするペーパードール。ピーターは色々あった末にデクスター・ベネット社を辞めるが、業界にはベネットの手がまわり、再就職もままならない状態になってしまった。

脚本は言われてみればダン・スロットかなぁというくらい。アートはクセがあるペンシルにカラーなのではっきり分かる。作品中でもロイ・リキテンスタインのパロディ(#560のカバーアートはCrying Baby Take Twoのパロディだし、同号でマリリン・モンローのポートレートの加工の作品がキャプテン・アメリカになっている)や、コラージュが登場していてアート志向な感じ。この系列の絵はオリジナルか、スーパーヒーロー系だと外伝もので雰囲気を重視して採用するのがいいと思う。スパイダーマンにはどうかな。

後半の#559-561はC級ヴィランのヒーローとヴィランの戦いの賭博酒場の胴元の話。胴元がヤラセをしてヴィラン共をコマして金を巻き上げようと画策する。よく知らないヴィランが大量に登場するも、十把一絡げのその他多数という感じで、場末の酒場で身内でスポーツ賭博をやっているおっさんたちのノリ。ユーモラスであんまりスパイダーマンでなくてもいい話。良くも悪くも無難かなぁ。

総じて邦訳が出た範囲のブランニュー・デイはそこまで読まなくてもいい程度の評価な気がしました。個人的には未邦訳範囲の話の方が好きかな。

ダークナイト:姿なき恐怖

ダークナイト:姿なき恐怖(TheNew52!) (ShoPro Books THE NEW52!)

ダークナイト:姿なき恐怖(TheNew52!) (ShoPro Books THE NEW52!)

  • ストーリー          :☆☆
  • アート            :☆☆☆☆
  • 有名ヒーロー・ヴィランの登場数:☆☆☆☆

Batman Dark Knight #1-9収録。New52の多すぎるバットマン関連誌のうちの1つ。バットマンがメインキャラクターのものだけでも邦訳されている『バットマン』、『Detective Comics』、『Batman & Robine』、『Batman: Incorporated』がある。

ライターはデイビット・フィンチとポール・ジェンキンス。ペンシラーはデイビット・フィンチ。ライター兼ペンシラーの作品らしく、ストーリーではなく、アートを愉しむ作品になっている。この辺フランシス・マナプルが手がける『The Flash』も同じ感じかな。絵を魅せるための構成になっているので豪華絢爛なゲストヒーロー(スーパーマンとフラッシュ)やヴィランたち(冒頭のアーカムの大集合シーンやトゥーフェイス、ジョーカー、マッドハッター、トゥィードルダムとトゥィードルディー、ベイン、ポイズン・アイヴィーなどなど)を見て楽しめるかどうかでしょうか。個人的にはイケメンそうなおっさんの顔に思うところがありますが、他のアートは力強くて素晴らしいですね。がっしりとしたバットマンやセクシーなお姉さんたちがよいと思います。

新キャラクターのホワイトラビットはよく考えなくても『不思議の国のアリス』の白ウサギなんですね(ヴィランにマッドハッターとかいるし)。