読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

サンフランシスコのコミックショップ「Isotope」に行ってきた

かなりの間更新しておらず、何をしていたかというとサンフランシスコに行っていました。仕事じゃなきゃもっとよかったのですが……。

比較的治安がよい地域だけで生活していたのですが、それでも日が落ちきってから1人で外を出歩くのはやや怖く、いざとなったらUberでタクシーを呼んで移動していました。アクティブにレストランからの持ち帰りや小銭がないか聞いてくるホームレスの人達や、日が沈んでから活動をはじめる怪しい物売りの人とも遭遇しましたが大事には至りませんでした。

オフには同僚と定番のフィッシャーマンズ・ワーフやゴールデン・ゲート・ブリッジあたりにも行ったりしました。今年はサンフランシスコ・ジャイアンツワイルドカードまで残ったとかで本拠地のAT&Tパークもにぎわってたようです(行く機会はなかった)。

比較的慣れたころにサンフランシスコのコミックショップに行こうとして宿泊地からの行きやすさとレビュー

を読んだ結果、Isotopeにたどり着きました。

Isotope — The Comic Book Lounge
※公式サイト。ところどころリンク切れあるのであまり更新してないのかな?


店長さんについて

後で以下の記事


などをを読んで知ったのですが、店主のジェームズ氏、イメージコミックの『Invincible』(ライターは『ウォーキング・デッド』のロバート・カークマン!)に店名のIsotopeでヴィランとして登場していたり

※上記は『Invincible』のヴィランIsotopeの初登場号

他にもロバート・カークマンによる『ウォーキング・デッド』でもモブゾンビとして登場しているそうです。確かに個性的な見た目でした。


お店について


※写真は店主のジェームズ氏のInstagramより(外観の写真撮ってなかった……)

お店の方は写真で見える範囲が全てで、外からはガラス張りで中が全体的に見渡せるようになっており、入口側から2/3が吹き抜けで高い天井になっているスペース。奥はロフトスペース。

入ってから最初の1/3が左側にソファーがあり、その奥がレジ。

レジ奥から1/3が左側が近刊がバックイシュー数号と一緒にタイトルごとに重ねてあるラック、中央が新刊とお店のおすすめTPとハードカバー。右側に新刊のシングルイシューとTPが置いてありました。

最後の1/3がロフト上になっていて、下側はTPとハードカバーが置いてある本棚。階段登って上は展示スペースと机、過去TPなどが置いてありました。

とにかくスペースを贅沢に使ってる。客が手に取る範囲のものではロングボックスありませんでした。ロングボックスに詰められたバックイシューのdigり目当ての人向けではないです。市内にそういう店もあるので、そういう場合はそちらに行けばよいのでしょう。入りやすくて「これ新刊」「これオススメ」という陳列なので分かりやすいと思います。

ドラマ『ビッグバン・セオリー』で「スパイダーマンを」と言われたら「アメイジング?アルティメット?スペクタキュラー?それとも2099?」と返事がくるシーンがありますが、やたらと色々あるし最初の人よく分かんないですしね。


便座アート

f:id:takkunKiba483:20161007131145j:plain

レジを過ぎてコミック売り場に入ると目につくのが楕円の白い物体に書かれた絵とサイン。近づいてよく見てみると便座でした。

アメリカにこういう風習があると聞いたことがなかったので調べてみたのですが、店の公式サイトに

TOILET SEAT MUSEUM
COMIC ROCKSTARS TOILET SEAT MUSEUM

Founded completely by accident by Brian Wood and Rick Remender in November of 2002, the Isotope’s world-famous museum features original artwork on toilet seats by comic writers and artists from all over the world. On display every day, free of charge.

Isotope — The Comic Book Lounge » Lounge

と書いてありました。ブライアン・ウッドとリック・リメンダーの発案なのかよ……。過去分がありすぎて全部は展示されてなかったようなので「isotope toilet sheet」でGoogle Image検索するといっぱい出てきます。


勧められたもの

それほど詳しくない体で「シリーズ最初から読むとしたらこの店で売れてる中だと何がおすすめ?」と店主に聞いてみたら『サーガ』『East of West』

サーガ1 (ShoPro Books)

サーガ1 (ShoPro Books)

East of West 1

East of West 1

が出てきました。「『サーガ』は日本語でも出てるよー。『East of West』はよく見かけるけどまだ読んだことない」という話をしつつ、『East of West』は日本でも簡単に買えそうだからパスしました。

「日本でも簡単に買える」という話からの続きで「じゃあ、サンフランシスコに住んでる作家の(ローカル)ディストリビュートの本ならどう?」ということで2冊紹介されました。他にも紹介されたのですが、現在刊行中のものが多かったので、「次にいつ来れるかわからないから……」という理由で買いませんでした。

Smoke and Guns

一つは『Smoke and Guns』

Smoke And Guns

Smoke And Guns

twitter.com
※ライターのTwitter
http://fabioandgabriel.blogspot.jp/
※アーティストのブログ

ノワール調で全編制服おねーさんがタバコ吸いながら銃撃って暴れまわる話(酷い説明だ!)でパラパラめくってるだけでもアート好みだったので買いました(つまりまだ読んでない)。アーティストのFabio Moonは見たことがある絵柄だと思っていたらダークホースで『ヘルボーイ』の外伝描いてました。


帰国してから所用で神保町に寄ったときにアットワンダーにあったのでこちらも購入。

そしてFabio Moon、『Two Brothers』でアイズナー賞取ってるんですね。

Two Brothers

Two Brothers

自伝的な話のようですが、積み本が解消したら読もうかと思います。

MUNCHES



※作者サイト

全ページ地の色がピンクという、もうこの時点でサイケデリックな雰囲気があるのですが実際そんな雰囲気です(こっちもまだ読めていない)。よくカートゥーンにある感じの絵柄(実際Tumblrのファンアートで『スティーブン・ユニバース』のガーネットの絵があって「そういう感じだ」という印象ですが)です。


総合して

店長のジェームスさんとも近刊の話聞けましたし、楽しかったです。ただ、英語力ないのと話題力ないのであまり話広げられなかったなぁ。

これを糧に次回以降に対応できるように英語勉強したいと思います。

広告を非表示にする