読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

2015年アメコミアドベントカレンダー 1日目 - 2015年1月 Marvel編

例年に無く薄い内容になりそうですが、今年も書きます。

1日から24日までなので1月から12月の各月発売のスーパーヒーローコミックをMarvelとDCの2回に分けて書こうと思います。
(ImageとかIDWとかオルタナとかバンド・デシネとかもありますが、それほど毎月買ってないので……)。


今回は2015年1月のMarvelコミックス編。ざっと振り返ってみると1月のMarvelは『シージ』くらいしかないんですね。


シージ (MARVEL)

シージ (MARVEL)



今年中盤から怒涛の1ヶ月間の販売ラッシュを考えると少ない印象ですが。

そして『シージ』に関しては以前に『アベンジャーズ:ディスアセンブルド』(未邦訳)〜『シージ』までの大まかな流れ(ビッグ3、ニューアベンジャーズ、ミュータント関係)を



に書いたのでそちらをご参照ください。

上記エントリには書きましたが、邦訳が出た次のクロスオーバーイベントが『アベンジャーズvs.X-MEN』なので、参加者が多いクロスオーバーイベントだと

  • カオス・ウォー
  • フィアー・イットセルフ
  • スキズム

あたりが未邦訳。

X-MEN系だと

  • セカンド・カミング

がヴィレッジブックスの通販限定で発売。

スパイダーマン系だと

  • スパイダーアイランド
  • ダイイング・ウィッシュ

あたりが未邦訳。スパイダーマンはヴィレッジブックスが『スパイダーバース』を翻訳する風な帯を出していたのでそちらも気になりますが、邦訳の流れだとスペリオールスパイダーマンが誰か分からないですね。解説に細かく書いてしまうと『スパイダーアイランド』と『ダイイング・ウィッシュ』発売しないことになってしまいそうですし。


ともあれ、『シージ』で集合・離散を繰り返していたニューアベンジャーズは一つにまとまり、絶滅種となったミュータントは2つのグループに分かれてフェニックスを迎える『アベンジャーズvs.X-MEN』へと話は展開していきます。

広告を非表示にする