読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

Marvel X(マーヴルクロス) 9号 - 「今(96年)、アメリカンコミックスが面白い」

アメコミ 邦訳

(Amazonになかったので書影略)


収録は

  • X-MEN #41 ('95/02) (Legion Quest)

  • Wolverine #90 ('95/02)

  • Generation X #4 ('95/02)

  • Cable #20 ('95/02) (Legion Quest)

の4本。ウルヴァリンのみ1話完結で折込み形式になったページが何回も出てくる豪華版。ペンシラーもアダム・キューバートなので乞うご期待といったところ。

他3本はX-MEN系クロスオーバータイトル『エイジ・オブ・アポカリプス』のプロローグ的な位置づけ。『エイジ・オブ・アポカリプス』の邦訳に合わせてのタイアップチョイスのようです。


X-MEN』 #41 はプロフェッサーXの息子のリージョンが過去に遡り、マグニートがまだ能力を発露しておらず、プロフェッサーXの親友だった時期に殺すというリージョン・クエストの最終回。未来人が歴史の大きな転換の原因を変えようとする話は数多ありますが、概ね更に悪い方向になってしまうのが世の常で、今回もマグニートを庇ってプロフェッサーXが死んでしまいます。

プロフェッサーXが能力なくして(もしくは行方不明)も混乱する程度でどうにかなるのですが、プロフェッサーX死ぬと世界が変わることが多いので困ったものです。2012年の『Avengers vs. X-MEN』(ヴィレッジブックスより邦訳予定)

Avengers Vs. X-men

Avengers Vs. X-men

で死んだ後は『Uncanny Avengers』

Uncanny Avengers Volume 5: Axis Prelude (Marvel Now)

Uncanny Avengers Volume 5: Axis Prelude (Marvel Now)

  • 作者: Rick Remender,Sanford Greene,Salvador Larroca,Paul Renaud,Daniel Acuna
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2015/01/20
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る

でレッド・スカルに脳みそ取られてクロスオーバーイベント『Axis』

Avengers & X-Men: Axis

Avengers & X-Men: Axis

  • 作者: Rick Remender,Adam Kubert,Lienil Francis Yu,Terry Dodson,Jim Cheung
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2015/03/17
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る

に発展します。これも1号くらいしか読んでないですが、意識改変系だった記憶があります。


『Cable』 #20 やその前のタイトルでX-MENを過去に派遣してリージョンを止めようと試みますが、あえなく失敗。現在の世界の消滅を前にみんなでしんみりといったところ。ケーブルに未来世界にいたスリムとレッドがサイクロプスとジーンだったと本人の口から告げられたりしますが、それ直接は言ってなかったんでしたっけ……。

そのうちこの親の倍の年の息子が女の子を拾ってきて「俺の娘だ」と言い始める

X-Men : Messiah Complex

X-Men : Messiah Complex

  • 作者: Ed Brubaker,Mike Carey,Craig Kyle,Christopher Yost,Marc Silvestri,Billy Tan,Chris Bachalo,Humberto Ramos
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2008/11/12
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る

のですが、この辺は邦訳あるのですが、ヴィレッジブックスの通販限定なので後からの入手は難しいですね。今や立派なクソガキに成長しているはずです。


『Generation X』 #4 はクリスマスにオーファンメイカー(&ナニー)とジェネレーションXが戦っていたら世界の消滅が来てしまった話。今『Uncanny X-MEN

Uncanny X-Men Volume 4: Vs. S.H.I.E.L.D. (Marvel Now)

Uncanny X-Men Volume 4: Vs. S.H.I.E.L.D. (Marvel Now)

を担当しているクリス・バッカロがペンシラー。X-MEN系サブタイトルあまり読んでないので分からないのですが、生徒側、ジュビリーが子育てしてる以外現在の消息を知りませんね……。X-MEN系は若手の定着率悪いですしね。

元々New Mutantsがいて(キャノンボールとかマジックとか流石にここは生き残ってるか……)、New X-MENとかGeneration Hopeとか今は新生エグゼビア学院ですが、何人生き残れるのか。


巻末はヒーローズ・リボーンの話とロブ・ライフェルドがマーク・シルベストリに続いてイメージを離脱した話。ヒーローズ・リボーンも確かロブ・ライフェルド途中降板するんですよね。この人、ケーブルとデッドプールのクリエーターではあるのですが、小プロ刊行のアーティストコメントは軒並み厳し目ですねぇ。