∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

アメイジング・スパイダーマン vol.1 #1(1963/10/03)

Amazing Spider-Man Omnibus - Volume 1

Amazing Spider-Man Omnibus - Volume 1


『アメイジング・スパイダーマン』の映画が絶賛公開中です。これを機会に原作コミック*1の1号を読んでみました。26ページの中に3パートの話があります。

  1. ベンおじさんが亡くなってお金の工面をする話
  2. JJJの息子(宇宙飛行士)の乗ったロケットを助けるも口撃される話
  3. 変装系ヴィランMr.カメレオンが出てくる話。ファンタスティック・フォーとも初対面


今だと最短でも1号で1つの話が完結なので、随分詰め込んでいる感じでオチもハッキリしていて中々勉強になります。

パート1

『アメイジング・ファンタジー』#15で登場したスパイダーマン。ピーター・パーカーはさえないサイエンス・ギークの高校生。誰からも話しかけられない壁の花。ある日彼は放射線(!)を浴びたクモに噛まれた。その日から彼は脅威の蜘蛛男になったのだ!

ピーターはコスチュームをまとい、スパイダーマンとしてショー・ビジネスでお金を稼ごうとした。しかし、夜遅くまで家を空けるようになってしまい、強盗に押し入られ、ベンおじさんが殺されてしまった。ピーターは犯人をつかまえ、スパイダーマンの力を正義のために使うことを決めたのだった。

一家の大黒柱を失ったパーカー家、家賃の支払も滞り、お金を稼ぐ方法を考えるピーター。高校を辞めて働くことをメイおばさんに申し出るが、メイおばさんは認めない。スパイダーマンの力を使って強盗をすることも考えるが、メイおばさんを悲しませることはできない。

結局ショー・ビジネスで稼ごうとする。報酬は小切手で支払われるが、支配人に正体を明かすわけにはいかない。「スパイダーマン」名義で小切手を切ってもらうが、銀行は本人確認ができないからと小切手を換金してくれなかった

ピーター・パーカーとしてアルバイトを探すも、学生は募集していないと断られる。そのさなか、ピーターはメイおばさんが指輪やネックレスを換金しているのを見てしまった。自分の無力さに打ちひしがれるピーター。街ではスパイダーマンを口撃するJJJの息子が宇宙飛行士として地球軌道上へフライトする号外が出ていた。

パート2

JJJの息子を乗せたロケットが軌道上へ打ち上げられようとしていた。しかし、ロケットは失速、安全装置もうまく働かない。このままではロケットは墜落してしまう。スパイダーマンの出番だ!

JJJに会ってスパイダーマンがロケットを助けると宣言する。軍の基地に入り込み、抑止する軍人をウェブで止め、無断で飛行機を使うスパイダーマン。飛行機でロケットに近づき、ウェブでロケットの墜落を阻止する。

無事着陸したロケット。ピーターはこれでスパイダーマンが認められると思っていた。だが、翌日のデイリー・ビューグルはスパイダーマンが軍の基地に侵入したことや、軍人の制止を振り切ったこと、飛行機を無断借用したことを責め立てているのであった

パート3

変装の名人のカメレオンが街で盗みを働いていた。すっかり街の脅威として有名になってしまったスパイダーマン

ピーターは再度スパイダーマンの力でお金が稼げないか考えていた。そこでファンタスティック・フォーに加入して給料がもらえないかと考える。

ファンタスティック・フォーの本拠地のバクスター・ビルディングを訪ねる。警備装置が作動し、追い立てられるスパイダーマンファンタスティック・フォーも警報に気づき、侵入者のスパイダーマンを撃退しようとする。ファンタスティック・フォーをいなし、ファンタスティック・フォーに雇ってくれと頼むスパイダーマンファンタスティック・フォーは非営利団体だから給料は出ないと言う。給料が出ないことを知って出ていくスパイダーマン

Mr.カメレオンはスパイダーマンに注目して、スパイダーマンを隠れ蓑に盗みを働こうとしていた。結局カメレオンの仕業だとバレるのだが、スパイダーマンは犯罪者と間違われ、深く傷つくのだった。

*1:映画の『アメイジング・スパイダーマン』の原作はどちらかというと『アルティメット・スパイダーマン』ですが

広告を非表示にする