∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

バットマン:バットマン・アンド・サン

バットマン・アンド・サン

バットマン・アンド・サン

バットマン(ブルース・ウェイン)とラーズ・アル・グール(『バットマン:ビギンズ』で渡辺謙がやってたキャラ)の娘、タリアとの間に息子がいた、という昔の話と、それを元にグラント・モリソンがその設定を復活させた話。他にも「真夜中の道化師」と悪魔の数字666号ということで実現したであろう、ダミアン(映画『オーメン』でもこの名前使われてましたが)がバットマンになった話。

バットマンの子供ネタはアース2でキャットウーマンとの間に生まれたのがハントレスだったり(今年始まるアース2のシリーズでは彼女がロビンのようですが)と、他にもあるのですが本誌でやるとは流石モリソン、そこにシビれるあこがれるゥ。

ダミアン・ウェインがバットファミリーになる序章。犯人の首を切って殺したり、「ロビンは俺一人でいい……」とティムに重症を負わせたり、会って数分の人をキレさせたり、要するにクソガキです(でも、アルフレッド曰くブルースの小さい頃にそっくりらしい)。

アンディー・キューバートのアートも個人的には好きなのでオススメです。キューバートはDC Comicsのリランチのイベント『フラッシュポイント』でもアート担当しているので、そのうち邦訳でまた見ることになるかもしれません。

広告を非表示にする