∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

ジャスティス・リーグ:クライシス・オン・トゥー・アーシズ

吹き替え版がないはずなので英語で見ました。BDは北米と同じでよかった。


DCはリランチ後に読み始めたのでよく知らないのですが、ニューアース(多分)とヒーローとヴィランの関係がひっくり返ったアース3の2つの世界をめぐる危機を描いた話。

物語はアース3から始まり、クライム・シンジケートに潜入するルーサーとジョークスター(アース3におけるジョーカー)。クライム・シンジケートの金庫から目的の物を回収した後、警報にかかってしまい、ジョークスターはルーサーを逃がすための犠牲になる。

逃げ延びたルーサーだが、目の前にはウルトラマン、オウルマン、スーパーウーマン、ジョニー・クイック、パワーリングが待ち受けていた。ルーサーはアース間移動装置を使い、ヒーローたちの助けを求めにニューアースへ。


ニューアースへ移動したルーサーが車道につったってバリアを展開して追突事故を起こしながら「警察はどこだい?」と聞いたり、警察署で、「ジャスティス・リーグに連絡が取りたいんだがお願いできるかな」といって捕まったり。尋問室で全裸の状態でスーパーマンに面会して「ズボン履けよ」と言われたり、そこかしこに間の抜けたようなジョークがあります。

本編の大半がニューアースとアース3のヒーローの戦いに尺をとっているのも素晴らしい。単独ヒーローの場合は謎解きが多くてもいいと思うのですが、せっかくのオールスター大集合なので各人それぞれにフォーカスをあてた戦いが見たいものです。パワー、技巧、知能、それぞれ盛り込んであって個人的には満足でした。


デザインに関してはオウルマンは今のバットマン誌の方が好みですね。スーパーウーマンはエロくて良かったです。ジャスティス・リーグ:アンリミティッドのときもそうですが、女性の顔はバービー人形みたいなキツ目のデザインなんですが、動きがいいです。アニメで見る甲斐があります。


ジャスティス・リーグ:ドゥームもこの調子で見て行きたいと思います。

Justice League: Doom [Blu-ray] [Import]

Justice League: Doom [Blu-ray] [Import]

広告を非表示にする