∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

コードギアス 反逆のルルーシュR2

王の力はまたもやルルーシュを孤独にした。世界を変えるための動機が消滅してしまった今、この先はどうなるのか、という引き(皇帝がまだルルーシュを使う気があるのであればナナリーは瞬間移動なりなんなりをして助けてそうな気はしますが)。

そして、この事態を招いたのはルルーシュがスザクにかけた「生きろ」のギアス。自分がスザクごと爆発に巻き込まれることを防ぐためにかけたギアスが、フレイアの爆発によってナナリーを殺すことになるとはまさに因果応報。


メカ関係で言うと紅蓮聖天八極式というオーバーテクノロジーっぽい機体が登場してバランスが大崩れ。ナイト・オブ・テンを倒し、ランスロット・コンクエスターまでをも圧倒するという状態。戦術兵器が戦局を大きく変えるというルルーシュには面白くない展開ではありますが、味方にすると頼もしいものです。

ジークフリードも回収してジェレミア機に改造されてたりしましたが、中の人の発言も含めてちょいと微妙な感じでした。ネタを狙いにいっている感じで。


さて、次回「裏切り」ですが、ゼロに強い疑念を抱いていた朝比奈は死んでしまいましたが、ディートハルトと扇副指令も微妙な状態ですし、ラクシャータもジェレミア卿の参加に疑念を抱いていますし、黒の騎士団の内紛は避けられない様子。

スザクも結果的に政庁に向けてフレイヤを撃ってしまったので、ナナリーを初めとした多くのブリタニア軍を巻き添えにして殺してしまいました(更に言えば黒の騎士団のほうが被害は少なそう)。償うための重荷がどんどん増えていますが、スザクにはどういった結末を与えるのでしょうか。2期で人物としてはフィーチャーされていても、画面に出ている範囲では戦果が少ないので1期から2期のような神聖ブリタニア帝国内での地位を得るのも難しそうです。


後、アーニャの頭痛や皇帝の手のギアスに関係のありそうな描写も細々入っているのですが、ギアス教団の回以外ではあまり説明が出てきませんが、このあたりもどうなるのか楽しみです。

広告を非表示にする