∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

コードギアス 反逆のルルーシュ R2

学園にいるルルーシュの正体が小夜子だったのは先週の予想通りだったとして、逆転の切り札が追い詰めた宦官が漏らす本音を全国に中継、そして暴動を誘発というところはお話的でありつつもいい流れだった。

今回良かったと思うシーンはディートハルトが天子を日本人と結婚させることで提携の証としようと進言してからのルルーシュの一連の行動

  • ディートハルトの進言に納得しつつも女性陣から総スカン
  • 環を口実に逃げる
  • 環が「肩書きくれ」と言うのを聞くのもめんどくさいのでシャーリーの電話に出る
  • シャーリーの話を聞いて解決策を見出した!と思った途端に電話を切る

という辺りがルルーシュらしくて良かったと思います。頭で考える派なのだけど、必ずしもそれを良しとせずに感情だったり道徳が入ってくる辺りが。そこの辺り、ルルーシュと父・ルイスとの違いで、「皇帝陛下だったらどうしたろうね」と言うシュナイゼルもそういう部分があるのでしょうね。

後、前作にはほぼイメージだけの出現で、謎だった教団とその当主の話がちらほら。今のところ分かっているのは

  • 前当主がC.C.だった
    • マオと一緒に暮らしていた頃には当主じゃなくなっていたろうから十数年以上前のこと?
  • 現当主はV.V.
  • 教団は当主が変わるたびにその所在地が変わる
  • ジェレミア卿は人工的にC.C.の力を作るために改造された

という辺り。この辺り後半のキーになってくるのでしょうか。アーニャもC.C.やルルーシュと関係があるようですし。マリアンヌの親戚ですかね。

後、ルルーシュが「ランペルージ卿」と呼ばれたのは周りに爵位持ちしかいない環境にいるからなのか、それともアッシュフォード家とも関わりのある家の名前を借りているのか、どちらでしょうか。


次回予告のルルーシュ(あの動きは小夜子だろうけど)の動きに驚いてしまいましたが、コーネリアが出ていたような気がします。ギャグ回でもあれこれ詰め込んでくるのがコードギアスなので何があるかも分かりません。とはいえ、「ラブ・アタック」というサブタイトルはマクロスっぽいですね。

広告を非表示にする