∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

コードギアス 反逆のルルーシュR2

見返してみると先週感想書いてませんでした。実際には、書いたけどブラウザがクラッシュしたので書き直すのを止めたというところなのですが。

ざっくりまとめると、中華連邦に渡ってからの話。中華連邦が蓬莱島を貸与してくれたのはブリタニアと中華連邦が第一王子と天子を結婚させて手を結ぶさいの「引き出物(by 玉城)」としてブリタニアに引き渡すためだったということが分かり、ならば、とルルーシュが反撃に出る話。

今週の話展開進めるためにカットバック多用してたアニメというよりコンテ回だった印象ですね。よく見れば時間経過の描写がそれなりにあるのですが、一見して分からないので、天子廟に逃げ込んで暗くなったときに一気に時間が経過している感じでした。

後、キャラクターの所感。

スザクは1期はランスロットの性能もあって単機でルルーシュの戦術を打ち破っていく感じでしたが、黒の騎士団の側に高性能なナイトメアが配備されるとイマイチ冴えない感じですね。本来藤堂レベルは機体さえあればそれだけ強いということなのかもしれませんが。

カレンに関しては先週の話で「終わったら一緒にアッシュフォード学園に帰ろう」と言っていたり、今回は「必ず助ける」と言ったり、信頼関係は築けている様子。

ルルーシュはイレギュラーに弱いですね。シュナイゼルがキングを動かしてチェックメイトをしたときや、緑川光が声の中華連邦の人(名前なんだっけ……)が隠しナイトメアででてきたときなど、あれこれ。チェスもそうですが、条件を読みきれる範囲では強いけれど、という感じです。

最後に出てきた学園にいるルルーシュは日本を出て行くときの描写からして、今まで出てきたことがあるキャラクターだとすると小夜子さんでしょうか。

広告を非表示にする