∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

地球へ… 1巻

地球へ… 1 (Gファンタジーコミックススーパー)

地球へ… 1 (Gファンタジーコミックススーパー)

アニメも今週最終回ということで、最終回直前までの復習がてら原作を読んでみることに。1巻はスタートからトォニイ誕生まで。

第一印象は絵が昔の少女漫画だなと思うのと、メカの描写に時代を感じます。感情表現だったり、茶目っ気の表現が少女漫画っぽいですし、メカはナスカの影から出てくるアタラクシアや計器の描写などが特にそうです。松本零士なんかがそうですが、計器やらメーターなどのアナログ機具が壁一面に張り巡らされている描写は未来よりも時代を感じます。

そういった描写もあってアニメとはずいぶん印象が違いました(特にキース)。巻末インタビューが原作者の竹宮惠子なのですが、京都精華大学で漫画と映画版の『地球へ…』を見せて演出の違いについての講義をしているそうですが、そうするのがよく分かりました。

映画版は未見なので断言するのは危険かもしれませんが、アニメの場合はギャグでもないと極度に漫画チックな表現はしません。また、一定の時系列で視聴者に提示する必要があるので、茶目っ気を発揮するような数コマのエピソードを挿入することが中々難しいでしょう。

そうするとこの漫画の持つストーリー全体としては深刻な事態なのだけど、そこに生きている人は案外のんびり生きててアホなことも言ってる。という柔らかさを出すのが中々難しそうだなぁ、と。更に映画になると流れと尺の都合があるでしょうから、原作を大幅に切り刻んだり、改編した部分もあったんじゃないかなぁ、と邪推するわけです。


それにしてもキース関係がずいぶん印象が違って驚きました。なんでもどこの時点までかで第1部完扱いだったようなので1巻はカラーが違うところがあるのかなとも思いますが、とりあえず読み進めてみてみます。

広告を非表示にする