∀ddict

I'm a Japanese otaku. I like Manga, Anime, Games and Comics.

『コードギアス 反逆のルルーシュ』

マオ編完結。ギアス能力の発露には個人差があることや、力を得たことで弱くなっていった者の末路が描かれていた。ますますギアス能力がオーバースキルやスタンドと被ってそうな印象が付いた部分でもありますが。

ルルーシュサイド

ルルーシュ

効かないギアスをC.C.にかけて「ずっと俺の傍にいろ」と言ったり、一件落着して「俺からの契約だ」と言ったり、できるくらいにはなった様子。前回自分の正体を知ったシャーリーを殺せなかった割にC.C.がマオを殺さなかったことについては結構強気。マオを殺すギアスのかけ方も結構悪趣味で身内じゃない人の切捨て方は容赦ないなぁ。

C.C.

小さくて孤児だったマオになんでギアスを与えたことが最大の疑問。かなりの確率で契約が果たされないことは分かっていただろうに。この人もルルーシュがシャーリーを殺せなかったときには強気だったけど、マオが殺されるときには「待て」とか「話せば分かる」とか。ナリタの時もそうだったけど番組当初に想像していたより超越的な存在ではない様子。

マオ

ギアスに飲み込まれたものの末路を具現化した人。ルルーシュのギアスも回数制限がなければ、気に入らないことはすべて自分の思うとおりにギアスで回避できて、ギアスが効かないC.C.だけが唯一の他人になるしね。多分におかしかったルルーシュも割りとあっさり殺してしまえたけど、自分に近いような存在になったときにルルーシュはどうするんだろう。

シャーリー

退場かと思ったらそのままいたことに驚き。生徒会長も恋人同士がけんかしたときの他人プレイで納得したのに驚いた。ギアスで削除した記憶が復活するとかあるんだろうか。

ヴィレッタ

扇が拾ったので記憶が完全にあると2クールで完結しちゃいそうだったのでどうするのだろうと思ってたら記憶喪失という手で驚いた。しかも性格がいい人になってたりする。こっちはシャーリーと違って一時的なものだろうから機会を見て復活しそう。

ディートハルト

まだルルーシュに疑われつつも黒の騎士団の再編成を任されたりと実力は認められている様子。この人はスクープや混乱が好きなタイプっぽいので、ゼロがブリタニア皇帝に一矢報いるまでは味方に付きそうだけど後の保障はなさそう。ルルーシュは容赦なく切り捨てられるラインの人。

スザクサイド

スザク

健康診断で何かの数値が高いけど兵士としては優秀だとか。ユーフェミアとの謁見を持ちかけるのはナナリーの正体を知っているのにちょっとうかつな感じ。次回のサブタイトルが「囚われのナナリー」だし。善意でやったことが裏目に出るタイプか。

ロイド

何気に伯爵。ジェレミアさんより偉いのか。第二皇子直属だからそれなりの身分なんだろうと思っていたけど意外だった。

広告を非表示にする